这篇文章上次修改于 916 天前,可能其部分内容已经发生变化,如有疑问可询问作者。

もしも君に巡り逢えたら 二度と君の手を离さない
春の终り告げる花実と霞む花一片
苏る想い出の歌 この胸に今も优しく
Time after time 君と出逢った奇迹
缓やかな风吹く街で
そっと手を繋ぎ 歩いた坂道 今も忘れない约束
风に君の声が闻こえる 薄氷 冴え返る远い记忆
伤つく怖さを知らず誓った いつかまたこの场所で
巡り逢おう薄红色の季节が来る日に笑颜で
Time after time 一人花舞う街で
散らざる时は戻らないけれど
あの日と同じ変わらない景色に
涙ひらり舞っていたよ
风舞う花びらが水面を抚でるように
大切に想うほど切なく
人は皆孤独というけれど
探さずにはいられない 谁かを
儚く壊れやすいものばかり 追い求めてしまう
Time after time
君と色付く街で出逢えたらもう约束はいらない
谁よりもずっと伤つきやすい君の傍にいたい
今度はきっと